banner

会社設立を依頼する

司法書士や行政書士の会社設立について

会社設立には定款を作成し、それを法務局で認可してもらう必要があります。この定款というのは、その企業の行うことや守るべきルールなどを定めたもので、それを法務局で登記することで公的にも正式に認めてもらうことになります。
この定款の作成を司法書士や行政書士に代行してもらって作成する場合があります。登記の代行申請は司法書士に、定款の作成のアドバイスは行政書士にといった具合に役割分担をしているイメージになります。そのためできれば彼らに同時に依頼することができれば話がスムースに進みやすいため、会社設立に際しての専門知識や経験を豊富に持つ人たちに依頼する事が望ましいでしょう。
会社設立時に彼らのようなプロフェッショナルに依頼するのはメリットがあります。まずは、定款にふさわしくない内容がある場合は法務局で却下される可能性がありますが、専門家である司法書士等に依頼すればそういった問題が起こりえないことが挙げられます。
また、この定款に必要な事項を記載していないと業務の認可が下りないケースがあります。特に最近では会社設立後に行う業務の中で特に有名なのが介護保険の業務ですが、これらは定款や登記簿謄本に介護保険の業務を行うことを明記していないといけません。このため届け出る行政機関たとえば都道府県や市町村にはよく確認をする必要があります。これらの行政機関によってはそれぞれ違いがあり、若干記載内容に差がある場合があります。このあたりの行政機関とのやり取りは専門家でないとなかなか理解が難しいため、内容の確認や調整を行政書士や司法書士に依頼することで、介護保険の事業者を立ち上げる際の時間や金銭的リスクを減らすことができます。具体的には介護保険の新規事業者の指定申請が却下される可能性を減らすことができます。
また、株式会社のように営利法人の場合はそれほど手間というわけではありませんが、社会福祉法人の場合には手続きがさらに煩雑になるため、専門家の助言や手続き代行が必要不可欠になってきます。届け出る行政機関が多くなり、専門家でないとなかなか手続きを前に進めることが難しくなります。
会社設立は法的な部分も理解していないと、事業そのものを進めるにあたって様々な問題が出てきますから、そういった諸問題の解決に専門家の助言を得られれば、比較的楽に乗り越えられるでしょう。特に行政機関とのやりとりでは彼らをフルに活用して、少しでも法的な問題が起きないようリスクを回避しておく必要があります。会社設立という人生の重要ポイントであるからこそ、会社設立の専門家に相談し、うまく活用して本業に漕ぎ出したいところです。

Copyright(c) 2014 会社設立の重要事項の決定と注意事項All Rights Reserved.